++ ++

2012年07月09日

経済:JALを斬る! 再上場でJALの未来はバラ色か!

1ヶ月ほど前、久々に出張に行く機会があった。現在は出張に行くような役割ではないのだが、その担当者が非常に忙しくて都合がつかないということで、私におハチが回ってきたのだ。

その出張先は九州の福岡。日帰りだ。

私はどちらかというとANAを利用することが多いのだが、今回は同伴者の要望もありJALを利用した。昔からの利用者には、JALのファンが多いようだ。
(おそるべし、「ニッコウじゃる軍団」)
まあ私の場合、JALマイレージバンクなるカードを持ってはいるが、マイルを貯めるという行為をすっかりやめてしまった。

JALと言えば、2年ほど前に事実上、潰れた会社だ。
ところが支援を受けてたった2年程度でV字回復、この9月に再上場を果たすというので驚きだ。(正直、すっげ〜!)

で、どうやって黒字化したんだろう。JALのホームページを見る。
平成21年3月期の決算と平成24年3月期の決算が公表されていた。(平成20年度と平成23年度ですね)

参考)
http://press.jal.co.jp/ja/release/200905/001194.html
http://press.jal.co.jp/ja/release/201205/002123.html

単位(億円)平成21年3月期決算平成24年3月期決算
売上高19,51112,048
営業費用20,0209,998
営業利益▲5082,049
経常利益▲8211,976
当期純利益▲6311,866


ざっと言うと、
儲からない路線や無駄を削ることで投入コストは約5割以下に削減、
一方売上は約4割の落ち込みに押さえて6割強をキープしたことで黒字化に成功、
といった感じだ。
どうやら、儲けの薄い路線などを廃止やリストラ、徹底したコスト削減を実施して黒字に回復したと読める。

以前はどんだけ高コスト体質だったんだ。
まあ、一度とこトン落ちるところまで落と切らないと、再生は難しかった、ってとこだね。
(それに比べ、東電は・・・。一度潰しておくべきだったのに、全く!!! おっと脱線。)

ここまで体制を立て直し、再上場を果たしたので、

「今後の未来はバラ色だ!」

って、そんな楽観的な見方は疑問だね。

確かに、無駄がなくなり高コスト体制からは脱却できた。が、本当の復活は全体の売上成長が伴って初めて復活といえるでしょ。
如何に売上を成長させるか、これが一番難しく困難。どちらかと言うと延命的なコスト削減による原価低減は、覚悟を決めれば比較的容易だろう。(比較的というのは、あくまで売上回復と比較してってことだからね。)
ここまでは単に無駄をそぎ落として原価率を下げたに過ぎず、売上の成長が見えなければ、復活の復の字も果したといえないだろう。

特に心配なのは、売上拡大の戦略が見えてこない点だ。

考えるにすぐに思いつくこととして、価格を安くしてシェアを伸ばすという戦略だが、いくらコスト削減ができたからといっても、すでに厳しい戦いが開始されているLCC市場で利益が創出できるほどの低コスト体制となったのかは甚だ疑問だ。
だいたい、JAL自体もLCC(初日から話題のJetStar)に出資していることから、低価格市場に参入するという戦略は見えてこない。
もし、安易にLCC市場に踏み込めば、既存のシェア自体をみすみすANAに譲ってしまう可能性の方が高いだろう。
LCCに出資しているのは、より低価格で多くの人が気軽に飛行機を利用するような、市場全体を活性化する戦略をとっているのであって、それはANAと同様。
これは、競合他社に対して優位性を発揮できるような戦略ではない。たとえ市場が増加したとしても、その利用者をJALだけが取り込める、などという保証は全くない。

さらにだ、長期的に見た場合の国内市場は、リニア新幹線といった高速輸送網の整備が脅威となる。
「そんなの、まだまだ運用するにははかなりの年月を要するじゃないか!」
ごもっとも。がしかし、未来をつねに意識する投資家とっては、かなりのマイナス材料として利いているはずだ。今後、国内では積極的な投資が得られにくい環境となっていくかもしれない。

とすればだ、視線は、国際旅客や国際貨物の取り扱いを如何に伸ばせるか、海外競合他社とどのように渡り合っていけるか、これが鍵になるはずだ。だが、その戦略や好材料は、私には見えなかった。(まあ、素人だし、見えなくて当然だけど。しかもそんな内容、おいそれと公開はしないだろうけどね)

とまあ、再上場を果たしはしたが、まだバラ色の未来が待っているわけではないだろうな〜、などと思う今日この頃だ。

(余談)
数年前、JALがいよいよやばい、という時期、ANAと合併があるのでは、という憶測(?)が流れた。
で、その時の社名は、JAL+ANAでJANA?
いやいや、力関係からいえば逆だから、ANA+JALで****?
おっと、これはさすがにまずい!という話があったとかなかったとか。




この記事へのコメント
JALの国内線はB787はまだですよ・・・。
2−5−2のシートはB777機材に間違いないです。
Posted by 2x at 2012年07月10日 01:39
2xさん
ご指摘ありがとうございます。
当方の勘違い、たしかに、B777でした。本文も訂正しております。
失礼いたしました。

今後もよろしくお願い致します。
Posted by たけ at 2012年07月10日 06:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。